あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言-本の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


読書が苦手な私が実質3日間(読まない日もあったので)で読んでしまいました。
成功哲学系の本は何冊か読んだことがあるのですが、どれもちょっと難しい言葉があったり内容だったりします。
この本はいろんな成功哲学の本に書かれていることをギュッとまとめたような内容なので、読書が苦手な僕にも一気に読み終えることができました。


この本は”原則”ごとに関連した名言が書かれているので、理解しやすかったです。
他人は変えられない。変えれるのは自分だけ。
という言葉を知り腑に落ちてから、理想とする自分になる方法を求めて成功哲学の本を読むようになりました。
未だに読書は苦手ですが…
どの本にも書かれていることですが、
自分が欲しいものを決める
これがものすごく大事だと改めて思いました。
目的地を入力していないのでナビは道順を案内できないとよく例えられます。
目的地(欲しいもの)を決め、ゴール(それを手にいれる)するために何をしたらいいのか逆算する。
成功哲学に限ったことではないと思いますが、ゴールまでにはいろんな障害や邪魔が入ったりするので、その対処法が書かれています。
「そんな事で手に入るの?」
と思うような事も書かれていますが、もしそう思ったあなたはきっと出来てないはずです。
今自分は成功していると思っていないなら、バカバカしいと思うような事でも今すぐ行動して欲しいものを手に入れましょう!
今まで読んだ成功哲学の本で一番読みやすかったので、私のように読書が苦手でも手に入れたいものがある人に是非読んで実践してもらいたいと思います。もちろん自分も行動しなければ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする