ギターアドリブやりたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

tayler-bigbaby

趣味の一つにギターがあります。高校生の時に始めました。当時はBUCK-TICKというバンドが大好きで、そのバンドの曲を弾きたくなったんです。

一緒に始めた友達と競うように練習していました。初心者用の本を買ってきて、見ながらドレミを弾いたりします。ですが、ものすごく遠回りしているような気がして2日で飽きました。

それでBUCK-TICKのその当時の最新アルバム「狂った太陽」のバンドスコアを買って、何もわかってないのに練習を開始。

初めて大好きな曲を弾いた時は「ギターというのはこうやって弾いているのか」とタブ譜をなぞるのが精一杯ながらも、感激感動しながら練習していました。

学校から帰り、メシ、フロ、寝る以外の時間は全部ギターです。

初心者のうちにそれだけやると、弦を押さえる指先が切れて血が出ます。

絆創膏を貼って弾いてましたが、押さえている感覚が無いとちゃんと弾けません。

なので絆創膏を剥がし、血が出たまま弾いてました。

その結果、下手くそながらも1週間で最後まで弾けるようになりました。もちろんタブ譜を最後までなぞっただけですが、大好きなBUCK-TICKと一体になれたような気がしたのを覚えています。

それがこの曲です。

BUCK-TICK
スピード

数年後に人前でやるつもりはありませんでしたが、友達とバンドを組み週末はスタジオに行くのが当たり前になっていました。ですが、メンバーに彼女ができてこれなくなったりして徐々に回数が減り自然とスタジオに行かなくなりました。きっとよくあることです。

それからだいぶ弾かない時期がありましたが、ここ数年でまた弾く機会がありました。

もう昔やった曲は忘れてしまったのでもう弾けませんが、コードぐらいはパッと見て弾けます。

昔からの知り合いのお店に久々に行くとドラムセット、ベース、ギター、キーボードなど、楽器が一通り揃っていました。夜な夜な集まってセッションしているらしく、音楽好きな仲間がよく集まるそうです。

そのお店に行く理由はセッションしたい人が多いようです。僕はやっとコードをジャカジャカできるレベルなのでセッションなんてできませんが、楽しそうにやっているのを見ているうちに「できるようになりたい」と思うようになりました。

理論も何も知らない僕は検索してみました。

やっぱり理論が書かれているページが多く、基本はペンタトニックだと知りました。

ただそれを弾けばいいのかといえばそうではありません。

すでにあるフレーズをコピーしてストックする。
ストックしたフレーズをキーに合わせて弾く。

検索して僕が理解したのはこんな感じだったので、2小節の短いフレーズでやってみましたが

「結局フレーズを暗記するのか」

と感じてしまい楽しくありませんでした。

他に何かできるようになる方法がないかと探したら変わった教材がありました。

プロのギタリストの方が出している教材なのです。

山脇オサム
TV東京音楽番組主催「全国バンドコンテスト」で準グランプリを獲得し、Limited Records(現ポニーキャニオン)からデビュー。ソウルフルでグルーヴィなギタースタイルは海外アーティストからの評価が高く、グラミー受賞者BABYFACEのツアードラマーNoal B. Hamilton jr.からの誘いを受け、2年間活動を共にする。矢沢永吉、松田聖子、チャゲ&飛鳥などのサポートを務める先輩ミュージシャン達と共に100公演以上の劇場ライブを敢行。セッションを多数開催し、アマチュアからプロ、海外アーティストまで多くのミュージシャンが参加し、セッションリーダーとして高い評価を得ている。

youtubeのワンポイントレッスンの動画も面白く、とうとう教材を買いました。

Facebookでは購入者限定の非公開(今後公開グループになるかもしれません)グループがあり、皆さん毎日盛んに交流しています。僕は見ているだけですが笑

教材で練習している動画を定期的にアップされている方もいて、とても楽しい雰囲気です。

真面目に取り組まれている方は、確実に上手くなっています。

こういう場があるのは練習する気になるので上手くなる理由の一つだと思います。

僕はまだあまり練習していませんが、今後時間ができたら取り組みます。

過去に自己紹介は投稿したのですが、その投稿が教材の確認ページに使われていました!これはなんか嬉しいです。頑張っている方には申し訳ない気持ちですが…笑

その画像がこれです。

taylor-gibson

この記事のトップに載せたギターが左側のやつです。

Taylor Bigbaby

実際のページはこちらです

アドリブのレシピ メジャーブルースを攻略する

僕のようにスケールを覚えるのに向いていない方や、覚えてもかっこよく弾けない方にオススメです。弾いているうちにコードを覚えれるように、ちゃんと取り組めばこの教材でアドリブも身につくはずです。

ぜひ確認してみてくださいね。