運動が苦手でも続けられている僕がウォーキングで意識している5つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

NIKE FREE RN

ダイエットのために習慣化しようとしているウォーキングで運動の効率を高めるために、そして続けるために意識していることを改めて確認してみます。

今日のウォーキングの記録投稿に書こうと思っていたのですが、長くなりそうだったのでこの投稿にまとめようと思います。

僕自身は専門性のある知識は無いので、本で読んだのかYoutubeで見たのかは覚えてませんが、そういった情報源から取り入れました。間違った捉え方があれば教えてもらえると助かります。

運動は必要だと思っているけど始められない・始めても続かない人のヒントになれば嬉しいです。

1.正しいやり方を知る

正しい姿勢で実施することで怪我のリスクを減らし、得られる効果を高める。

ヒザを痛めて怪我をしないようにすることの大切さを思い知りました。どうせやるなら効果のあるやり方でやりたいです。効果を実感するまでは時間がかかります。それまで続けたいですよね。

正しいフォームでやろうとすると、違和感があるかもしれません。その違和感というのが自分のフォームの間違っていた部分です。足の上げ方や腕の振り方など、正しいフォームを確認し効果を高めたいですね。

2.ドローイング

運動中だけではなく普段から思い出した時にはなるべくやるようにしています。運動の最初の目的はお腹を引っ込めることです。

お腹を目一杯引っ込めてキープするだけで腹筋運動と似たような効果が期待できるそうです。腸内環境にも影響するようなので、やってみようと思われた方は一度調べてみてから始めてください。

いつでも誰にもバレずにできますし、もちろんウォーキング中にもやります。

3.早いペースで歩く

ウォーキングを始めてから、散歩をしていると思われていることがよくあります。僕はウォーキングはスポーツと捉えています。散歩のように普段通りのスピードで歩いていても、効果はそれほどないです。

なので、ギリギリジョギングの手前のスピード、高速早歩き、そんなイメージです。

4.膝に負担をかけない

1.正しいやり方を知るにも含まれることかもしれません。知識のないまま無理して走ってたら、痛めてしまいました。走れなくなったらウォーキングすらできなくなるので、続けていくためにもヒザに負担をかけないのは大事なことです。アスファルトの上を走るということは、自分の体重の何倍もの負荷がかかっています。

想像している通りに走れるようになるには少しずつ体を慣れさせていくしか無いようです。今後ははウォーキング中に少しの距離をできるだけゆっくり走って慣らしていきます。

5.頑張りすぎない

想像してみてください。

頑張ってはみたものの息も上がり動けない。動きたくない。もう今日はゆっくりしていたい。明日もやります。

よく晴れた清々しい日。涼しい日陰に吹いてくる風、優しく漂う花の香りに癒され、のびてきた若い草木の青々とした香りにエネルギーをを感じやる気も出てきます。いつの間にかしっかり汗をかいていました。たくさん汗をかきシャワーを浴びた後の爽快感はもう一度味わいたいです。

僕の場合は「またあの苦しみを味わうのか」と思ってしまうと、運動したくなくなります。どちらが次の日のモチベーションに繋がるでしょうか。

僕は断然後者の感覚を味わいたいです。運動なんてまともにしたことがない僕がここまで続けられるのは、間違いなくこれがあるからです。

「これだけ苦しいんだから効果があるはず!」と信じれるなら苦しむのもいいと思います。器具を使う筋トレは室内の場合が多いと思うので、花の匂いや風の心地よさを感じれないのはしょうがありません。汗かきシャワーの爽快感は同じようにあるでしょうが、程よい筋肉痛に「頑張った感」を感じれば、またやろうと思えるかもしれません。

腹八分でやめておいてまた食べたいと思ったり、テレビドラマでも肝心なところでその日の放送は終了。続きが見たいから早く来週になってほしい。これと同じような感覚だと思います。なのでもうちょっと歩きたいと思ったところでやめることにしています。

痩せれば人生が変わる

僕の中では5.頑張りすぎないということを意識するようになってから、運動をすることに対して抵抗はものすごく減ったと思います。一回やるだけでなく続けないと意味がないですし、まだ2ヶ月しか経っていませんが、ここでやめたらもったいないです。

自分では実感がありませんが、「ちょっと顔がシュッとしたんじゃない?」とも言われました。3ヶ月経たないと体重は落ちないと聞いているので、今はまだ体重が変わらないのは納得しています。「頑張っているのになぜ痩せない!?」と思うこともありません。

痩せれば人生が変わるという言葉を聞いた時は「そんなことはない」と思いましたが、見た目が変わったと言われましたし、ヨガやトレーニングのお誘い受けたりするようになりました。

お腹が引っ込んで(痩せて)見た目が変われば、

自己管理ができている人
決めたことはやりきる意思の強い人
こんな人は信頼できる
スタイルが良くなればカッコよく服が着れる
着れる服が増える

こう思われるかもしれません。たった3ヶ月で残りの人生を変えれるなら、とにかく今すぐ始めるしかないと思っています。僕はこれらのことと真逆な人だと思われたくないです。

人は見た目が9割と言われています。カッコイイ・カワイイ服を綺麗に着こなせればいいですが、服だけ良くても着る人の体型で決まります。

女性なら化粧をする肌の質が悪いと化粧をしても十分に化粧の効果がないかもしれません。隠すためだけの化粧をしていても違和感しか感じません。

運動で体型が整えられ、肌の調子も良くなったと聞いたことがあります。適度な運動は体にとって良い事しかありません。

僕の場合は続けるためには苦しみたく無いですし、楽しんでやりたいです。楽しく続けて人生が変われば、さらに楽しい嬉しいことがあるのかもしれません。

過去にこんな記事も書きました。

運動が苦手な僕でも続けられる3つの方法

ダイエット習慣化への第一歩-自分が変わることで周りも変わる

自分を変える習慣力 感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント