成功している人は、なぜ神社に行くのか?-本の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


何かモヤモヤすると神社に行くことがあります。
お賽銭を入れ手を合わせるだけでどうにかなると思い込んでいましたが、どうやら今まで間違った参拝の仕方をしていたようです。
科学者と霊能者という著者の両方の視点から、神社の役割や参拝の仕方など神社の秘密がスピリチュアル寄りに書かれています。


科学者的に書かれていたことは、参拝回数と収入の関係性のデータぐらいでしょうか。そういう人もたくさんいるでしょうが、こじつけもあるだろなと感じました。
そこに神社があるのは何か意味があるはずです。見えないものを信じてるというより、「信じてもいいんでない?」ぐらいに思っている僕にはファンタジー映画を観ているようで面白かったです。
政治家や大企業の経営者が知っている神社の活用法には根拠があったようです。
ただお願いをすればいいわけではなかったのです。
日本人なら神社に行く機会があるのに、私たちは神社のことを知らなさすぎではありませんか?
まずはこの本を読んで、神社のことを知ってください。
今度どこの神社行こうかな。この祈り方やってみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする