アップルウォッチ2 ワークアウトとアクティビティを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

霧雨が降り出しましたが、アップルウォッチのワークアウトを試すために少しだけウォーキングしてきました。

ワークアウト

ウォッチのワークアウトをタップし、ウォーキングを選びます。この画面で時間や消費カロリーなどの目標を設定できるのですが、今回は設定無しのフリーでスタートしました。

そして後は歩くだけ。歩き終わったら停止します。

この記事を書き始めてから撮ったスクショなので、時間は履歴と違っています。

アクティビティ

iPhoneのアクティビティではワークアウトの履歴が見れます。

履歴の中の○の表示がアップルウォッチのワークアウトアプリを使った記録です。青いアイコンは今まで使っていたRuntasticというアプリです。

アクティビティ

履歴の中から今日の記録を開くとこの画面になります。歩き始めてすぐ霧雨が強くなったので、ほんの少しでやめました。

今日の記録の左下にある「経路」をタップすると歩いた道筋がマップに記録されています。色で歩くスピードの違いがわかります。赤が早いペースです。

iPhoneのアクティビティアプリを開くと日々の活動の記録が見れます。設定した一日のワークアウトの目標や、座りっぱなしになってないか、ワークアウト以外にどれだけ動いたのかの達成具合がそれぞれ円で、時間帯がその下のグラフで表示されます。

アクティビティ

一日を過ごしてこの円を完成させることができれば、すべての目標が達成されたことになります。達成度合いごとにバッジがもらえるので集めたくもなります。

成果

僕の場合はまだ3つです。

スタンド

座りっぱなしだとウォッチがこんなことを言ってくれたりします。

日々の活動を見直し健康的に過ごすためにとても役に立つと思うので、日々の行動目標を立てて過ごしたいと思います。