ハドソン川の軌跡-映画の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


ハドソン川の軌跡
2016
アメリカ
トム・ハンクス


2009年に実際に起こった飛行機不時着事故の解決までを描いたストーリー。
率直な感想から言うと、抑揚もなく淡々とストーリーが進んでいきます。
眠くはなりませんでしたが、何の感動も無く「え?これで終わり!?」って感じでした。

英雄から容疑者にされそうになります。
他の空港に着陸できたのに、乗客を危険にさらしてまでハドソン川に不時着させた判断は正しかったのか?
と迫る相手に何の準備も証拠も用意せずに納得させてしまうのはあっさりしすぎではないでしょうか?
原作はもっと色々書かれているのかもしれませんが、読んでないので。

90分ほどと最近の映画にしては短いのであっさり終わってしまって拍子抜けました。
もうちょっと内容を濃くして欲しかったです。
原作はきっと感動するのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする