プロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

特別な技術や知識を持たない、飲食店で働く普通の人です。

祖母がアルツハイマーになり入院し、数年前にそのまま亡くなりました。

会いに行くと嬉しそうな笑顔を見せてくれましたが、嬉しいやら悲しいやらなんとも言えない気持ちになりました。母親にはたくさんの負担をかけてしまったことは後悔しきれません。

アルツハイマーにならないように、改善できるようにするために、自分でできることを探していると、精神科医のyoutubeの短い動画を見つけました。毎日更新されてるということでよく見ているうちに、運動が大事だということをとにかく強調していることに気づきました。

読書家でもある先生は読書の大切さ、そして効率のいい情報を得る手段だと語っていました。

運動も読書も苦手です。ほとんどやったことがありません。

親にやらせようと思ってもやってくれません。我が家には運動も読書もやる習慣がないので当然です。

苦手な読書をし始めた時に読んだ本の中に書かれていた言葉があります。

他人は変えれないが自分は変えれる。
自分が変われば周りが変わる。

この言葉に出会った時に今までの考え方は間違っていたと知り衝撃を受けました。なんの知識もない僕が「やれ」と言ったところで説得力がありません。

まずは自分が変わらないといけないと思い読書を続けることにしました。運動が大事だと言っていた精神科医の先生が書いた本から読み始めました。時間はかかりましたが1冊読み終え、また同じ著者の本を買い読みました。そしてもう一冊。

どの本にも運動とアウトプットの大切さが書かれており、「運動」という言葉を目にするたびにそのメリットにも何回も触れます。それと同時に危機感も覚えました。こうして「運動しなければ」という思いが徐々に徐々に湧き上がってきました。

いつも自分を変えたい変わりたいと思っていながら、なかなか行動に移せずにいるタイプの僕が、ようやく運動をする気になりました。

ダイエットを成功させてかっこよくなりたい。
そのためには生活習慣を改善する。

生活習慣を改善するために苦手なことを習慣化する。

そして説得力を得る。
影響力を得る。

そのために人間力を高める。
与えられる人になる。

今までやらなかったことをやる
苦手だからやる

今はこんなことを思いながら少しずつ運動と読書を習慣化している途中です。

意識していること
マイナスの言葉を言わない
悪口を言わない
常にどう見られているか(どう見られたいか)を意識する
話は十分に聞いてあげる
共感してあげる
人の話を遮らない
遮られた時はその話題を捨てる

自分に言い聞かせている言葉
周りの人は自分を映す鏡
友人5人の平均があなた
類は友を呼ぶ
他人は変えれないが自分は変えれる

運動、勉強、読書が苦手。
ギターと赤ワインが好き。

文章書くのも苦手。苦手を克服して、感じたままを伝えたい。

自分がよくなると周りも良くなる。
その周りも良くなっていけば、みんな良くなる。

そう信じています。

まずは自分が変わるために何をしたらいいのかを模索中。このブログはそんな僕の記録(アウトプット)です。真似したくなるライフスタイルを目指します。

みんなが心も頭も健康で楽しく過ごせますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする