次亜塩素酸水は使ってはいけない!?

次亜塩素酸水なんでも

次亜塩素酸水は使ってはいけない?

新聞で気になる記事があり、気になったのでちょっとググってみました。

その結果、石鹸で手洗いするという結論になりました。

結論に至るまでに読んだ記事をまとめてみました。

これらを見てどう思いますか?

ますば気になるキッカケになった新聞記事の全文です。

文部科学省は5日までに、新型コロナウイルス感染症防止対策として、児童の前で次亜塩素酸水を噴霧しないよう求める通知を、全国の教育委員会などに出した。「有効性、安全性が明確になっているとは言えないため」としている。次亜塩素酸水は、同じく感染防止対策として利用されている「次亜塩素酸ナトリウム」とは別物。アルコール消毒液などが品薄となり、学校で使われている可能性がある。文科省は「学校には健康面に配慮を要する児童生徒らがいる」 とし、噴霧はしないよう要請した。

次亜塩素酸水を使うなと書いてありました。

「児童の前で次亜塩素酸水を噴霧しないよう求める通知」

とありますが、これでは次亜塩素酸ナトリウムは噴霧して良いと思って使う人が出て来そうじゃないですか?

確か次亜塩素酸ナトリウムは、ハイターなどの漂白剤を薄めたものではなかったでしょうか?

次亜塩素酸水は、コロナウイルスに効くと思ってたので、気になったので検索してみました。

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化

以下のリンク先(北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化)の記事に

微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、有効塩素濃度40ppm)は前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き(つまり強酸性の次亜塩素酸水)、新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。

とありますけど…

「有効性、安全性が明確になっているとは言えないため」

と、新聞にはありましたが、有効性は明確になってると思うのですが…

NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について

NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について
~よくあるお問い合わせ(令和2年6月4日版)~

次亜塩素酸ナトリウムと石鹸は新型コロナウイルスに有効。

次亜塩素酸水については有効だとも危険だとも言ってない。

Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行ってもよいのですか?


A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっておりません。
「次亜塩素酸水」の噴霧での利用は安全面から控えるよう弊機構が公表したとする報道が一部にありますが、噴霧利用の是非について何らかの見解を示した事実はございません。
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味し、ご判断をいただければと存じます。

ウイルスに対しては効果があったけど、この記事では有人空間の噴霧で使っても安全かどうかはわかりません。

僕のように素人ではなく文章のプロなのですから、勘違いさせるような記事は書かないで欲しいと思ったのと、ちょっとでも引っかかったことがあれば自分で調べるのも大事だなと思いました。

良いとか良くないとか何を信じていいのかわからないので、界面活性剤(洗剤や石鹸)でよく触るところを拭いて消毒するのが良いということにたどり着きました。

とりあえずは、日頃から石鹸でしっかり手洗いしておきましょう。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

この記事を書いた人
みっち

毎日更新!運動の記録、学んだことや感じたこと、その他なんでもアウトプット。
更新のためにネタ探しアンテナ張り中。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました