ダンケルク 感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ダンケルクダンケルク

2017
アメリカ
クリストファー・ノーラン

事実に基づいたダンケルクを舞台にしたダイナモ作戦という救出作戦だそうです。

戦争モノというと勝った負けたとか、良い悪いという結論に持って行きがちですがこの映画はそのどっちも味わえるような気がしました。

陸海空のそれぞれの時間軸が最後に一つになり、それぞれのラストシーンへと繋がります。

ストーリー性が無い
セリフが少ない
主人公あんまり何もしてない

と書くとつまらなそうですが、最初のシーンから引き込まれたまま迎えた、静かなラストの電車のシーンにグッときてしまいました。

爆撃のシーンや船が攻撃されて沈んでいくシーンが何度かあるのですが、金属の軋む音が不気味さや不安を感じました。

不協和音のような音が強く鳴り響いたり、銃声や爆撃の音がものすごくリアルで迫力があり、攻撃を受ける側の怖さなどを感じ、本当に自分の身にに起こっているように感じました。

セリフが少ないと書きましたが、余計な説明が無いので記録撮影のようにも思えたりしますが、それがまたリアルさを増してたのかもしれません。

とにかくカメラアングルや音の使い方のせいか、今までの映画とは何か違うと感じたまま迎えたラストシーンは、主人公の最後の表情に目がいっていまい一番最後のセリフの字幕をを見逃してしまいました…

ハッピーエンドなのに、あの表情は何を思っていたのでしょうか。
ストーリーよりも主人公の性格を考えながら観てください。

今年観た映画の中で、1位をローガンと争うぐらいに僕のハートにズシリとくる何かを残し、生きるということを考えさせられました。この感じ好きです。

とくわけで、誰かラストのセリフを教えてください!