ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想

once upon a time in hollywood 映画
スポンサーリンク
3.5

予告を見た時から気になっていたこの作品。

タランティーノ監督作品、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演、その他豪華キャストが出演というだけで話題になります。

でも僕は予備知識無しで見たので?な部分がありました。

この映画はシャロン・テート殺人事件をベースにしたストーリです。

僕が生まれる前ですし、映画を見るようになった頃には誰も話題にしてないので知りようがありませんでした。

ですがタランティーノ監督が、今この事件をベースにしようとしたということは、この時代に思い入れがあるのでしょうね。

予告を見てサクセスストーリーかなと思ってたのですが、全く違いました。

え?ここで終わるの?

というのが予備知識無しで観た正直な感想です。

事件を知らなかったですからね。

後から雑誌の記事などを少し読んで、いろんな要素が盛り込まれてると知りました。

予備知識なくても面白いと何処かで見たのですが、せめてシャロン・テート殺人事件のことだけでも知ってから観るのをお勧めします。

これを読んでから観ると公式サイトに書かれた映画史を変えるの意味がわかると思います。

事件以外にあの時代のハリウッドのことをもっと知ってから観ると、いろんなところに当時のテイストが散りばめられてそうで、細かい部分を拾えたかもと今更思いました。

映像は当時の感じを再現したレトロな感じが、CGデトックスされたようで新鮮でした。

(CGを使ってるところはあるかもしれませんが)

2人の主人公は架空の人物ですが、あの事件の結末はこうなって欲しかったという監督の理想を描いた作品なのかもしれません。

あ、あと、自分の出演作品を見ているマーゴット・ロビーが可愛かったです。

コメント

  1. […] ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想3.5予告を見た時から気になっていたこの作品。タランティーノ監督作品、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの共演、 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました