ブレードランナー2049 感想と短編3作品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ブレードランナー2049

アメリカ
2017年10月27日
SF
163分
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作総指揮 リドリー・スコット
原作 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

ライアン・ゴズリング
ハリソン・フォード

前作を観てないor昔観たかもしれないけど覚えてないので、前作のあらすじやネタバレなどを読んでから観に行きました。
「ここが前作と関連しているところだろうな」というシーンはすぐわかります。
前作を観たファンの方なら「おっ!」と思うのでしょう。
他の方のレビューを読んだ感じだと、前作といい感じに絡み合っているように思いました。

映像がとても美しいです。
リアルというだけではなく、ポスターの背景のカラーにもなっているオレンジと青。
水面の光の反射を利用した、美しいけど非現実的で不気味なオレンジの空間。
雨がよく降る街は身近な雰囲気で、眩しいとは言えないほのかな青っぽい光。
人間側とレプリカント側の違いを表現しているように見えました。
どちらも「水」が共通しますが、人間とレプリカントは共通する部分があると暗に言っているのでしょうか。

見た目では見分けにくいレプリカントと人間です。では違いは何なのか?ということになります。
その違いが無くなりつつありました。

SFというとアクションシーンも楽しみですが、それほど多いとは思いませんでした。
淡々と進んでいったストーリーは、163分もあるというのに気づいたらラストシーン。

僕みたいに今作から観るのは、前作のあらすじやネタバレを見たとはいえ、ストーリーが少々難解に感じる所がありました。前作を観てないからでしょう。
細かい部分でも前作との繋がりがあったりするので、のでとてももったいないことをしました。

関連する部分を知りたいので、前作を観たくなりました。

今作だけでも話はわかりますが、前作を観ておいたほうがストーリーに深みが出ると思います。観れる方は前作を観てから今作を観ることを強くお勧めします。

そして前作2019から今作2049の30年間に起きた事を題材にした、3本の短編があるので、こちらもチェックしておくとスムーズに2049に入り込めそうです。

冒頭のシーンで旧型のレプリカントが言っていた事。
そして生きることや存在の意味を考えさせられる、とても骨太なテーマでした。

ブレードランナー短編3作品

ブレードランナー ブラックアウト 2022

2036:ネクサス・ドーン

2048:ノーウェア・トゥ・ラン