グレイテストショーマン 感想 ミュージカル初心者に観て欲しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

グレイテストショーマン

2018(アメリカ2017)
ヒュー・ジャックマン
レベッカ・ファーガソン
ミュージカル
105分
実話

ステージで踊るシーンで3本足の人も踊っているのを観て思い出したことがあります。

この人の話を聞いたことがありました。

実際にサーカスに出演してました。

フランク・レンティーニ
wikipediaより

多毛症の人も聞いたことがあります。

ということは実話なのでは?と思ったら、やっぱりサーカスを作った人の実話でした。

サーカスに出演している人達の中に実在した人も何人もいます。

1934年にもこのバーナムが主人公のThe Mighty Barnum映画が作られているようです。

話の内容は典型的な流れでしたが、本当にどの曲もそのシーンにマッチしていました。

曲に感動させられます。

ミュージカルというと、「何でそこでいきなり歌うか意味がわからない」という人がいます。

この映画を観てて思ったのが、歌を聴かせるというかBGMもセリフも兼ねてて、そのシーンの雰囲気を盛り上げてるのだと思いました。

当たり前ですが、感動的なシーンではゴージャスな感じの曲、悔しいけど頑張ろうと思わせるシーンでは元気をもらえそうな曲だったりします。

音楽がセリフ、セリフが音楽。

うまく言えませんが、そんな感じで演者達が歌うから音楽が感情を直撃します。

セリフやストーリーだけでなく、曲が感動的だから更に感動が増し、元気が出る曲に勇気付けられます。

ストーリーと曲それぞれで感動するから、その感動は2倍かそれ以上です。

グレイテストショーマンのストーリー自体は全く難しくありません。

だから余計に感情の赴くまま楽しめたのかもしれません。

105分と短めですが、あっという間でした!

平日昼間なのに結構人がいました。

涙が止まるのを待ってたのか余胤に浸ってたのか、エンドロールが終わり明るくなるまで1人も席を立ちませんでした。

自分にとって本当に大切なものは、失ってみて初めてわかる。

ミュージカルが苦手な人にこそ一度観て欲しい映画だと思いました。

「天使にラブソングを」とか「LA LA LAND」の時もそうでしたが、観終わった後はサントラ欲しくなりますよ!!

僕は手に入れました!

今聞いていますが、泣きそうなので聞くのやめようかな…

1曲目、予告編で流れてた曲。

レリゴーと同じコード進行?

感動コードってやつでしょうか。