グリーンブック 寂しいときには、自分から動かなくちゃ

グリーンブック 映画
スポンサーリンク

2018
アメリカ

公式サイト

映画『グリーンブック』公式サイト
1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは? まさかの実話! 2019年3月1日(金)全国ロードショー

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

時代的には南北戦争真っ只中なので、黒人に対しての差別はとてもひどいものでした。

音楽家として白人のパーティに出演するので正装で礼儀正しくしていても、買い物ができなかったり、トイレを別にされたりと「黒人だから」と言う理由で白人とは別の扱いを受けます。

今の時代の僕らから見れば、毛嫌いしてるようにしか見えません。

差別されても荒ぶることなく振る舞うドクターは、差別を受けた自分のことで、逆に暴力を振るおうとするトニーを止めたりします。

ここでドクターが暴力を振るったりしたら余計に騒ぎになりかねません。

こんな正反対の2人がツアーを回るうちに、打ちとけ合いそれそれ影響され合っていく過程がとても良かったです。

音楽家のツアーなので、ピアノの演奏シーンもたくさんあります。

クラシックが多めですが、黒人の多い町の小さいバーのステージで心から楽しんで演奏しているドクター姿は、とても嬉しくなり涙が出そうでした。

白人の前ではクラシック、黒人のいるバーではブルースと音楽も真逆です。

この時代の黒人とは違う暮らしをしていたドクターは、別の町では他の黒人からも受け入れられず孤独感でいっぱいです。

トニーがそんなドクターにかけた言葉が、僕には一番印象的でした。

「寂しいときには、自分から動かなくちゃ」

このセリフを聞いた瞬間から、頭から離れなくなりました。

この言葉は映画を観ていた人なら最後まで頭に残っていると思います。

この映画を観て一晩経った今も頭に残っていて、寂しい時だけじゃなくても落ち込んだ時には自分から動かないといけないと考えるようになりました。

ドクターがトニーから学んだこと、トニーがドクターから学んだこと。

お互いを認め合い人間として魅力がアップした2人からは、いろんなことを教えられました。

登場人物はほぼこの2人+その他みたいな感じで、ポスターにもなっている車の中のシーンが多いです。

全体的に派手さはありませんが、とても心温まるラストシーンでした。

音楽もとても良かったです!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました