〇〇じゃNightで思っていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

じゃNightピック

地元の仲間でギターを練習する機会を作ろうと、毎回テーマ(シバリ)を決めて開催しているアコースティックライブ、〇〇じゃNight。

前回から随分時間が経ってしまいましたが、明後日18日に開催です。

これまでの履歴

vol. 開催日   シバリ
1 2014.11.29 奥田民生
2 2015.1.18 チェッカーズ
3 2015.2.22 青春の女性アイドル or シンガー
4 2015.4.12 福山雅治
5 2015.6.21 忌野清志郎
6 2015.8.31 サザンオールスターズ
7 2015.10.11 B
8 2015.11.23 オーガスタ
9 2015.12.27 忘年会
10 2016.3.21 スピッツ
11 2016.5.22 Mr.Children
12 2016.7.18 aiko
13 2016.10.10 失恋ソング
14 2016.12.18 冬っぽい曲
15 2017.3.6 洋楽
16 2017.5.28 コブクロ

一部縛りが緩すぎる回もありますが、ギターも歌も上手い下手関係なく楽しく弾けたらそれで良いというスタイルです。

そういえば、1回目を開催するときに「流しスタイルで」と言ってたのを思い出しました。機材も最小限ですし。

毎回場所を変え、仲良くしていただいている飲食店を回って開催しています。

飲みながら気楽にやろうという素人の集まりなので、僕はライブというより余興のノリに近いかもしれません。

俺の歌を聞いてくれ!というわけではありません。

僕なんか毎回出てますが、ギターも歌もリズム感も大したことがないので、真面目にやってはいるもののグダグダです。

福山雅治シバリの時は、地元に来られていた時期が近かったようで、「お忍びで来るんですか?」と聞かれました。

ミスチルシバリの時はミスチル好きな方が来られてたようで、おそらく歌が上手い人のミスチルを期待して来られていたのでは無いかと思われます。

こんな感じでどういうイベントか主旨が伝わっているのかいつも不安です。

告知に毎回どういうイベントなのかを簡単に書いた方がいいと思いますが、長文は最後まで読んでくれません。

実際にFacebookのイベントページに「本人が来るわけではありません」と最後の方に書いたことがあるのですが、コメントに「本人がくるんですか?」と書いた人がいました。

イベント内容に書いたことを個別に言わないといけないのか?と、返事に悩んでいる間にそのコメントは消えてたので、ようやく最後まで読んでくれたんだとわかりました。

このようにあまり長くなるとみんなが最後まで読んでくれるとは思えません。僕だったら出演者、日時、場所、金額ぐらいしか見ませんし。

今回は初めてやる場所で会費制なので、いつもとはちょっと違った雰囲気になりそうですね。

料理を前もって用意していただくので、貸切で予約をしてもらいました。

毎回同じようなメンバーで何回もやってきているので、いつもと違うお店でやらせていただけるのは新鮮味もありとてもありがたいです。

今回も仲良くしていただいているお店です。

告知、ネタ、飽きないように、いろいろ課題はありますが、自分たちが企画したとても小さいイベントですが、3年も続けてこれて、今回も開催できるのはとても嬉しいです。

どこかのお店でも似たようなイベントをしていると噂で聞きました。

ですがここまで素人感満載なイベントは僕たちだけでしょう。みんな一生懸命練習して演奏してくれています。その素人感が僕には心地よかったりします。

この程度でいいなら出演者で参加したいと思ってもらえたらいいなと思います。

実際にこのイベントに来てからギターを始め、1ヶ月で演者として参加してくれた人もいます。

もちろん今回も出演してくれます。

もしあなたが、なんとなくギターを始めたいと思うけど敷居が高いと感じているなら、このイベントを、どうやって1ヶ月で演者として前に立てたのかを彼に教えてもらいに来るキッカケにしてくれてもいいと思います。

演奏だけではなく、自然とそういう繋がりができたり、開催しているお店のことを知ってもらったり、同じ趣味を持つ仲間づくりができたらいいなと、個人的には思っています。

というわけで17回目の今回は、来年で引退を宣言した安室奈美恵シバリの

アムラーじゃNightです。

アムラーじゃNight Facebookページ

明日は早起きで用事を済ませた後出かける用事があり、多分夕方まで帰って来れません。その後仕事です。

明後日本番はスターウォーズを観に行きたいので練習できず…笑

もう今から15分ほどしか練習する時間がありません。

スターウォーズを我慢すれば時間を作れますが…

そんな感じで演奏は毎回必至ですが、できるだけ敷居を低く、あまり頑張らずに細くても長く続けていけたらなーと思っています。

福井のローカル情報サイトのチューニングさんにイベントを紹介していただきました。

恐れ多いです。ありがとうございます!

アムラーじゃNight記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする