40代にしておきたい17のこと 本田健

スポンサーリンク

40代にしておきたい17のこと 本田健

これまでの人生に向き合う

先日誕生日を迎え40代の半ばになり、50代を意識するようになってきました。
そんな時にご縁があって読む機会が会ったこの本。

自分のこれまでを真剣に棚卸してみよう。

この言葉が「このままではいけない」といつも思ってる僕に、棚卸するほど何も成し遂げてないと焦りを与えました。

20代の頃に比べたら精神的にはかなり成長したと思うけど、今の生活はそのころの延長でしかなく、変化がない。望んだ未来はこんなだったのか?

いつも今の状態を良くしたいと思っていながら、いったい今まで何をしてたんだとそう思うと悲しくなりました。

なのでこの本から気になった、今までやりたいと思ってたこと、幸せの循環について感じたことを書きます。

これからの未来においては、今日が一番若いのです。

この言葉を知っただけで、何も落ち込むことはないと思わせてくれました。
まだ体は動くしできることはあるはずです。
けど何をやりたいのかはわかりません。

そんな時は20代の時にやりたかったことを書き出してみると書かれてました。
本田健さんがよく言われる「紙に書く」がここに出てきました。

以前書いた「目標・やりたいこと100リスト」を見直したら、忘れてたことが色々ありました。
想像しながら書いたのを思い出すと、ちょっと気分がよくなってきました。
やりたいこと色々あったのを思い出しました。
実際に書いた実感を思い出したのも手書きだからでしょう。

ライフワークがもたらす、一番の報酬は、人に喜ばれる幸せです。

ひとに喜ばれることはリストの中にほとんどありませんでした。笑
ほとんど自分ごとです。

「死ぬ前にあれだけはやっておきたかったな」ということを想像して、それをやり始めると、40代以降の人生が楽しくなっていきます。

40代に入ってからもあっという間でした。
さっさとやり始めないと40代が終わってしまいそうです。

幸せは、ふとしたときに気づくもの

何かを失って初めて、その価値がわかることがよくあります。

よく叱られたけど、そのおかげで今がある。とか、亡くなった人だったり、会う機会が無かったりした時にふと思うことがあります。

こういうことも40代なら何回か経験してて、無くなって「気づく大切さ」をリアルに感じたことがあると思います。

幸せはなるものではなく、今幸せだということに気づくこと。
40代ではそれがわかるはず。
そう言われてみれば納得でき、今より優しくなり感謝もできそうです。

感謝が、次の幸せを呼ぶ

ハッピーマネーでも書かれてましたが(というかこの本の方が先に発売してる)、循環ということが書かれてます。

自分の周りの人たち、自分を支えてくれている人たちに感謝し始めると、その感謝が自分のところに戻ってきます。

あなたから、幸せの循環をスタートしていってください。

周りに幸せな人はいるか?
その人は愚痴ばかりか感謝を循環させてる人か?

周りの人はあなたの生き方を見ていると言います。
どちらの生き方を見せたいでしょうか?

ハッピーマネーはお金でしたが、感謝して払うと自分の元に戻ってくると書かれてたと思います。

今の僕にできることが思いつかないので、せめてここにある幸せに気づいて、感謝を自分から循環させよう。

そう思ったら、何もできることがなくてもまだまだこれから、という気持ちになりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました