スノーボードのビンディングの角度を変えてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バートン カスタム

明日は久々のスノーボードに行くので、道具のチェックをしてました。

ですが、何かやろうとして忘れていることがあることに気づきました。

エッジを磨いてワックス塗ったし、ブーツも雪かきの時に履いてみて大丈夫。

あとはビンディングの角度を変えようと思っていたことを思い出しました。

今までは前21°、後0°でした。

合ってるのかどうかもわからないまま、このビンディングを使い始めてからはずっとこの角度です。

昔は前も後ろもプラスの方向にセッティングしていました。

前27°、後9°とかです。

僕がスノーボードをやりだした20年近く前はこういうセッティングが主流でしたが、それがどうやら最近はダッグスタンスの人が増えてきているっぽいのです。

要するに逆ハの字のスタンス。ガニ股になる角度です。

前も後ろも滑りやすいのでフリースタイル向きですね。

今回は前15°、後-9°にセッティングしました。

前も後も対照にしようと思いましたが、今までとあまり違いすぎるとどうかと思っただけなので、この角度にした根拠は特にありません。

ブーツを履かずに立ってみたところ、体の構造的に自然に乗れそうです。

極端な角度をつけなければヒザも自然に曲げれるので、踏ん張りやすそうです。

明日はこれで行きますが、結局は個人のスタイルや好みですね。

なぜ今まではこの角度にしなかったかは良く覚えてませんが、一度試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする