オリンピック中止の署名とテレリンピック

オリンピック日記
スポンサーリンク

オリンピック中止の署名とテレリンピック

オンラインの署名サイト「change.org」では、東京 オリンピックの中止を求めるキャンペーンが、2つ立ち上がっているのはご存知でしょうか?

中止の署名

1つ目は2ヶ月で約1800

https://www.change.org/p/菅-義偉-内閣総理大臣-2021年夏開催予定の東京オリンピック-パラリンピックの延期を求めます-japan-s-health-and-image-are-in-imminent-danger-postpone-the-olympics-to-2022?source_location=topic_page

リスクしかない今季のオリンピック・パラリンピック開催について国益を優先するのか、国民の命を優先するのか再度ご検討いただき、日本国民及び世界の人が望む大会の開催にむけて、日本のリーダーとして勇気ある決断してくれることを信じています。

もう一つは4日間で200,000近くの賛同を得られています。

https://www.change.org/p/人々の命と暮らしを守るために-東京五輪の開催中止を求めます-stoptokyoolympic?pt=AVBldGl0aW9uAL%2B0tQEAAAAAYJS5XGIUNKkxMWFhMTIxMQ%3D%3D&source_location=topic_page

—— 命や暮らしを危険にさらしてまで東京五輪を開催するのか

確かに世界中で新型コロナウィルスの影響が出ていて、 普通に考えたらオリンピックどころではないですよね。

無理矢理開催しようとしてますが、準備が進んでいるのかどうかもよく解りません。
中止と言うのは簡単ですが、実際にはそういうわけにもいかないのでしょう。

署名は中止を求めるものですが、逆に開催する方向で考えてみました。

テレリンピック

どうしても開催すると言うのなら、コロナの状況を踏まえてオンラインで開催してはいかがでしょうか?

オンライン会議アプリのZOOMを使っての開催です。
テレワークじゃなくて、テレリンピックです。

それか、技術的にまだ無理かもしれませんが、VRやMRを使えないでしょうか。
こういう時こそ利用するべき。

複合現実(ふくごうげんじつ、英: Mixed Reality、MR)とは、現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般を指す。ミクスト・リアリティ[注 1]、複合現実感とも。

現実空間を主軸に仮想環境が点在する拡張現実 (AR、オーグメンテッド・リアリティ) と、現実空間を仮想環境が上書きする拡張仮想 (AV、オーグメンテッド・バーチャル) を包含する概念である。

https://boxil.jp/mag/a2954/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa-all&gclid=Cj0KCQjwp86EBhD7ARIsAFkgakhnWRVDPuk88modhdpc1wKOjqmkR1ShejxYuuzhJ0Zu_J2BJ_67ZhkaAgCjEALw_wcB

実際に見に行った体験ができそうじゃないですか?
これだと多くの人が世界中から来なくても開催できます。

タイムを競う競技なら機械で十分じゃないでしょうか?
こんなやつあります。

必要なら審判がその競技が行われてる場所に行けば、人の移動は最低限に抑えられて、世界中から大勢の人が来ることを防げます。

新型コロナウイルスが世界中に広がり、2020も2021も前例のないことだらけ。
今から準備は難しいかもしれませんが、ただ無観客とかではなく、もっと違うやり方でできないでしょうか。

ポジティブ日記

その日あった良かったことを3つ書く
  • 海外とのメールのやりとりが一つ終わった。NGだったけど得たものはあった。
  • 雨が降って涼しくなった。
  • タイマーを使って時間管理ができ、思ったより捗った。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました