アリータ バトルエンジェル 感想

アリータ 映画
スポンサーリンク

2019
SF
アメリカ

映画『アリータ:バトル・エンジェル』公式サイト
映画『アリータ:バトル・エンジェル』オフィシャルサイト。2019年7月31日(水)先行デジタル配信。2019年9月11日(水)ブルーレイ&DVDリリース。世界65カ国でNo.1ヒット!『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロンが放つ革新的スペクタクル・アドベンチャー 天使が戦士に覚醒める

日本のマンガ「銃夢(がんむ)」の映画化ということで、原作を全て読んで予習しました。

2度の延期があり忘れそうになっていましたが、観ているうちに思い出してきました。

最初に思ったのは、映像が本当にリアルです。

主人公アリータの肌の質感や髪の感じなど人間そのものでとても自然でした。

原作は人間と見分けがつかなかったのですが、人間の肌ではなく機械の体を常に見えるようにしたのはサイボーグだという説明を省きたかったからでしょうか。

戦闘シーンも見てても気持ちよく、原作で感じたアリータの圧倒的な強さがそのまま映像でも感じれました。

原作の重苦しい雰囲気が無かったり、ストーリーが違う部分もありましたが、大筋はカバーされていて全く別物感はありませんでした。

知らない人は細かい部分でちょっと説明不足に感じることもあると思いますが、原作のイメージを壊さずよく2時間にまとめたなと感心しました。

映像に負けずストーリーも楽しめましたし、もう一度原作を読み直したくなりました。

原作を知らなくても楽しめると思いますが、できることなら原作を読んでから観ることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました