カメラを止めるな! ネタバレ感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

カメラを止めるな!

2017
日本
インディーズ
コメディ

カメラを止めるな!公式サイト

邦画は全く興味がないのですが、いつも読んでるメールマガジンなどでこの映画の話題が目につくようになりました。

最初は都内2館だけで上映されていたインディーズ作品でしたが、いまでは全国で公開されるほどになりました。

それほど話題になっているとわかっていても、邦画というだけであまり観る気にならなかったのですが、「たまにはいいか」という気分で観に行きました。

結論から言うと

観てよかった!面白かった!

ネタバレ無しで書こうと思いましたが、ネタバレ無しでは感想が書けません。

なのでここから先はネタバレで書きますので、まだ観てない方は観てから読んでください。

前半はゾンビ映画として話は進んでいくので、あぁB級なゾンビ映画かと思いながら観ていました。

まずは監督の檄を飛ばす最初のシーンで、リアリティのある演技にこだわり怒鳴る言葉に注目です。

2回目に観ると、ここが最初に笑ってしまいそうになるポイントですね。

打ち合わせの時のグチ混じりだということに後から気づきます。

ところどころ、ちょっと意味がわからないところや間延びするところがありますが、不自然に思うところも全てに意味があり、後でその理由がわかります。

生中継という設定なのでそのまま最後までワンカットで話は進みます。

あれだけ移動も多いのにワンカットで撮影したということがすごいなと思ったのですが、ストーリーの感想はというと「ふーん」という感じです。

映像もクリアな感じじゃなくハンディカムで撮ったような粗めのチープな映像ですし、低予算映画ということで有名になったブレアウイッチプロジェクトを思い出しました。

ブレアは完全にホラーですが。

エンドロールが流れてもここで席を立ってはいけません

この映画は二度はじまるというキャッチコピーにもある通り、ここからがこの映画の面白いところなのです。

もう一度ストーリーをなぞるように、舞台裏と本編が同時進行していくのです。

ワンカット撮影の裏側と、意味のわからないシーンの謎が解けて、全てうまく繋がっていくのがスッキリして気持ちいいです。

みんなハマると思うのですが、初めて「ポン!」が出るシーンを見たとき、このポン!は何回も出てきそうな予感がしました。

ただの趣味の話が後のストーリーに繋がっていて、何回も出てくるたびに笑いそうになります。

観ているうちにポンッが出そうなだけで笑ってしまいそうになります。

あと頭に残っている言葉が、秋山ゆずきさんが演じる女優の「よろしくでーす」と言って監督の腕をポンと軽く叩くシーン。

最初のシーンであれだけ激しく言われたら、怖くてこんなに軽い言い方できないと思うのですが、そんなことろも可笑しく思えました。

あーなるほど!と思ったり、クスッとするところもあったり、最後にはちょっとグッときて感動してみたり。

いろんな感情が湧き出てきます。

細かく作り込まれたストーリー、個性の強いキャラ設定がうまく絡まり笑わせてくれました。

スターウォーズなどの超人気映画の時と同じぐらい、平日昼間のわりにお客さんはたくさんいました。

話題になっているからということもあるでしょうが、僕のように観た人の感想を聞いて観にきた人も少なくないと思います。

素人の上から目線ではありますが、ホント良くできてるな〜と感心しました。

そしてこの映画を作り上げたスタッフや俳優たちみんなの情熱や映画愛が満ち溢れ、それがビンビン伝わる作品でした。

メールマガジンに書いてあった言葉を借りると、まさに

応援したくなる映画

僕にもこの言葉が当てはまりました。

インディーズもバカにできませんね。

ネタバレだとわかっててここまで読んでくださった方。

気になってるけど観ようか迷って感想を色々読んでいると思いますが、そういう方に言います。

観てください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする