無料で試せる会計ソフトと確定申告

日記
スポンサーリンク

無料で試せる会計ソフトと確定申告

先日から準備していた確定申告。

書類の修正を重ね、ようやく申告しようと最後の確認をしたところ、また1ヶ所記入ミスが見つかりました…
修正のために会計ソフトを立ち上げ、修正と関連事項の確認をし、PDFとしてダウンロードしてようやく完成です。

確認してもらうために、印刷して税務署に行くつもりでしたが、多分大丈夫でしょう。
このまま申請してしまおうと、e-Taxのホームページを開きました。

去年の申請時に登録だけしておきました。

e-Taxに挑戦

僕はMacのsafariを使っていて、Web版のe-Taxの利用するために、一つsafari拡張機能をインストールする必要があります。

手順通りに進めていくと拡張機能が必要かどうかわかるので、ここには書きません。

Windowsの場合だと必要ないかもしれませんが未確認です。

この画像のように「現在の設定状況」が全て○ならOKです。
拡張機能が必要なら、解決方法にリンクが表示されます。

閉じるをクリックしてログインしました。

必要事項を入力して、書類のアップロードをしました。

PDFもアップできるって書いてあったのに!

エクセル形式のファイルで一から作り直す気になりません。
結局印刷して税務署に持っていきました。

実はこれを書いてる時に、エクセルファイルではないとわかりました。

画像では「.xtx」と書かれていて、「.xlx(エクセルファイル)」と勘違いしてました。

マイナンバーカードは持ってないので、通知カードと運転免許証、印鑑を持っていきましたが、通知カードのコピーしか使いませんでした。
通知カードは提出しないので持って帰って、また来年使います。

確認してもらった後提出し、控えにもハンコを押してもらい、やっと完了しました。
会計ソフトが無かったら、きっとまだ終わってないでしょうね…

e-Taxを利用しなくても会計ソフトが便利

アップロードの時に勘違いしていたxtxファイルは、会計ソフトで出力されるデータらしいです。

会計ソフトで経費などを普段から入力しておいて、確定申告モードでデータを作成し、e-Taxのページでアップロードすればデータが反映されます。

確定申告の書類を印刷しなくてもいいですし、税務署にも行く必要もなく簡単に済ませることができます。

僕は1ヶ月分を月末に会計ソフトに入力してます。

今回は何回も修正した上に、e-Tax用のデータを作るとなると、一からソフト上で確認が必要になります。

大した作業ではないのですが、それが面倒なので印刷して税務署に持って行きました。
全て電卓で計算するより遥かに楽です。

多くの方はすでに会計ソフトを使ってると思いますが、もしまだ使ってない人がいたら、e-Taxを利用しない方でも会計ソフトの利用をオススメします。

確定申告の時だけでなく、クレジットカードやネットバンキングと連携して、自動記帳ができる便利な機能がありとても便利です。

有名なソフトで弥生会計freeeの2つがあります。

どちらもe-Taxにも自動記帳にも対応しているので、来年の確定申告のために両方試してみてはいかがでしょうか?
登録無料です。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました