MTCオイルで脂肪燃焼モードに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バレンタインと言うことで、チョコレートを100個ぐらいもらいました。

せっかくなので食べないといけません。

なので、体重も増えてしまいますね。

今回は新しい物を手に入れました。

ココナッツオイルと書かれていますが、箱にはこう書かれていました。

ココナッツオイルより中鎖脂肪酸油(MCT)を取り出したオイルです。

ココナッツオイルが一時期流行りました。

ココナッツオイルの成分の約60%がこのMCTです。

MCT100%の物をMCTオイルと言うらしく、要するにココナッツオイルの上位版がMCTオイルです。

このオイルのラベルには「ココナッツオイル」と書かれて入るものの、無味無臭と言うことは、かなり純度の高いMCTオイルなのだと思います。

(勝手に思っているだけなので確かではありません)

MCTオイルの何がいいのかと言うと、簡単に言うと体が脂肪燃焼モードになるらしいのです。

スーパーなどにたまに売っているのを見かけましたが、他のオイルと比べると値段が高かったので買わずにいました。

今回買ったのも今まで見かけたものと同じぐらいでしたし、評判も良さそうなので使ってみることにしました。

熱に弱いらしいので、揚げ物などには向いてないようです。

なので、サラダなどにかけたり、完全無欠コーヒーを作るのに使ったりするのが一般的のようです。

完全無欠コーヒーとは、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTを入れたもので、ダイエットのために朝食をこれに置き換えたりします。

僕が今まで見た中では、プロテインに入れたり納豆にかけたりしている人もいました。

オイルなのであまりたくさん取ると摂取カロリーが高くなるので、1日で摂取するのは少量でいいみたいです。

僕はいつも食べている納豆にかけてみました。

写真ではわかりづらいと思いますが、納豆にシラスとネギを乗せて、その上からこのオイルをかけました。

これを雑穀米に乗せて食べました。

体重が増えたので昨日に引き続き野菜を多めにしました。

雑穀米は昨日炊いた残りですが、いつもの量だと中途半端に残ってしまうので全部食べました。

結局食べた量はいつもより多くなってしまったので、明日の体重も増えていたりして…

MCTオイルさえ採って入れば良いわけではありません。

脂肪が燃焼されるわけでなく、脂肪燃焼モードになるだけです。

燃焼させるには運動も必要です。

スノーボードに行く日が近づいてきたので、スクワットをしていますが、きっとこれだけでも足りません。

雪さえ溶けてくれれば走りに行くのですが…

今日もまだ豪雪の影響の渋滞は続いているようなので、早く走りに行きたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] MTCオイルで脂肪燃焼モードに | My Journal 392 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。