第37回 2020年 流行語大賞

流行語大賞日記

第37回 2020年 流行語大賞

毎年恒例の流行語大賞の時期がやってきました。
全く興味がないのですが、いつも聞いてるpodcastのいくつかの番組で取り上げてたので検索してみました。

流行語大賞とは


この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。

ノミネート語は以下の30あります。

  • No.01愛の不時着/第4次韓流ブーム
  • No.02新しい生活様式/ニューノーマル
  • No.03あつ森
  • No.04アベノマスク
  • No.05アマビエ
  • No.06ウーバーイーツ
  • No.07AI超え
  • No.08エッセンシャルワーカー
  • No.09おうち時間/ステイホーム
  • No.10オンライン◯◯
  • No.11顔芸/恩返し
  • No.12カゴパク
  • No.13鬼滅の刃
  • No.14クラスター
  • No.15香水
  • No.16GoToキャンペーン
  • No.173密(三つの密)
  • No.18自粛警察
  • No.19Zoom映え
  • No.20総合的、俯瞰的
  • No.21ソーシャルディスタンス
  • No.22ソロキャンプ
  • No.23テレワーク/ワーケーション
  • No.24時を戻そう(ぺこぱ)
  • No.25NiziU(ニジュー)
  • No.26濃厚接触者
  • No.27BLM(BlackLivesMatter)運動
  • No.28PCR検査
  • No.29フワちゃん
  • No.30まぁねぇ~(ぼる塾)

全部知ってます?

僕は7個聞いたことなかったり、言葉は知ってるけど意味がわからない言葉がありました。
例えば、「フワちゃん」は顔は知ってるけど何者かを知りません。
「まぁねぇ〜」も「ぼる塾」も全く聞いたことありません。

今年のほとんどはコロナの影響がありすぎましたから、関連した言葉が増えるのはわかります。
テレワークの機会が増えたので「ZOOM映え」と言う言葉が生まれました。
ステイホームは流行りというか自粛を呼び掛けられた結果です。
どちらも好きでやってるわけではないのに、これを流行りと言うのか…と無理矢理な感じがします。
PCR検査も流行ってるからやってるわけではないと思うのですが…

“広く大衆の目・口・耳をにぎわせた”と言う意味では間違ってはいないと思いますが、そうせざるを得なかったテレワーク関連がノミネートされるのは複雑です。

仕事などテレワークのおかげでZOOMを使うようになり効率的になった人もいますから、ポジティブな意味で捉えたらノミネートも有りなのかもしれません。

以下、僕が知らなかったことです。

愛の不時着
エッシェンシャルワーカー
総合的、俯瞰的(言葉は知ってるけど、なんで流行語?)
時を戻そう
NiziU
フワちゃん
まぁねぇ~

昨日あった良かったこと

  • 仕入れが間に合った
  • ウォーキングできた
  • 天気が良くて過ごしやすかった

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

この記事を書いた人
みっち

毎日更新!運動の記録、学んだことや感じたこと、その他なんでもアウトプット。
更新のためにネタ探しアンテナ張り中。

フォローする
日常
感じたこと、学んだことなどなんでも日記と、その日あった良かったこと(ポジティブ日記)。続けることを目的に、とにかく毎日更新しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました