初めてヘックスバー使いました

ヘックスバートレーニング記録

初めてヘックスバー使いました

少々寝不足なまま、朝から英語でメール(もちろん機械翻訳)をし、
副業の物販で海外から届いた商品を発送。

英語の人とは別の人に連絡。

買いたいものがあったので出かけた。
そして気づいたらもう夕方。

休日の割にはバタバタしたと思ってましたが、
実は移動が多かっただけの休日でした。

最近早起きしてますが、それでも時間が足りません。
あっという間に終わった休日の〆は、
ジムでトレーニングしてきました。

プログラム

ジムで作ってもらったプログラムです。
1週ごとにAとBを交互にやっています。

プログラムA

 種目負荷セット×レップ
1バックスクワット67.5kg3×8
2ルーマニアンデッドリフト67.5kg3×8
3オーバーヘッドプレス27.5kg3×8
4ラットプルダウン36.33×10
5Aニートゥチェスト5kg2×10
5Bサイドプランク
自重2×左右20秒ずつ
5Cトランクツイスト5kg2×左右交互に5回ずつ

プログラムB

 種目負荷セット×レップ
1ヘックスバーデッドリフト67.5kg3×8
2スプリットスクワット35kg3×8
3バーベルベンチプレス47.5kg3×8
4デッドストップベントオーバーロウ
(1Box)
42.5kg3×8
5Aプランクウォーク自重2×10
5Bサイドベント20kg2×左右5repずつ
5Cツイスティングクランチ自重2×左右10repずつ

今回はプログラム更新後初のBでした。

1種目目のデッドリフトは、初めてヘックスバーを使いました。

  • 真っ直ぐ立てる
  • 持ちやすい

この2つが最初に感じたバーベルとの大きな違いです。
バーベルでこの重さだとストラップが必要でしたが、
今回はストラップ無しで最後までこなせました。

フォームも微妙にバーベルと違い、
今までのデッドリフトとは別物のようで、
新鮮な気持ちで取り組めました。

嫌いなスプリットスクワットは、少し重量が増えて35kgになりました。
重くなった初回はどの種目も一番辛いです。

片足ずつやるので、普通のスクワットだとしたら約70kgと同等ですね。
あまり重くなくても、しっかりと効かせられるということです。

1set目はなんとかやり切りましたが、
腰が痛くて2set目以降は中止に。

この後のプログラムも大きく変更することになりました。

ベンチプレス→プッシュアップ 10回×3set

ベントオーバーロウ→TRXロウ 10回×3set

体幹プログラム→中止

負荷の軽い種目に変更した分、フォームをしっかりと決めてやりました。

特にプッシュアップ。
力を入れたり疲れてくると、
無意識に手の親指の付け根が浮いています。

手の指をしっかり広げて手のひら全体を床に付け、
親指の付け根が浮かないようにするだけで、
負荷はかなり上がりました。

腰の痛みは、おそらく座りっぱなしの時間が長いことが原因です。

時々背伸びしたりして、
腰の負担を減らすようにしたいと思います。

トレーニング中の水分補給でいつも飲んでるドリンクと、
トレーニング後のプロテインはこれを試しています。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました