キングスマン ゴールデン・サークル 感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

kingsman golden circle

2018
アメリカ
ジュリアン・ムーア
ハル・ベリー

予告のアクションがカッコ良かったので観てきました。

久しぶりのハル・ベリー

イギリスのスパイグループが何者かに攻撃されて壊滅状態。アメリカのスパイグループに協力を要請しに行き、共通の敵を倒しにいくというあらすじです。

アクションシーンからはじまるのですが、007のとにかくドタバタと追いかけるような感じではなく、とてもスタイリッシュです。

Kをモチーフにしたキングスマンのエンブレムを辿りながら話は進んでいきます。

敵地に攻め込む時のミスは間抜けだと思いましたが、そのあとの歌うシーンはグッときました。

歌い終わりを合図に乗り込んでからは、アクションだけでなく、ハイテクな道具にも関心しました。

007とは違って、ちょっとコミカルでスタイリッシュなスパイ映画でした。

悪いことはするもんじゃないですね。お仕置きがひどいです…

前作でソフィア・プデラが演じる義足の殺し屋がカッコ良さそうです。

今からでも前作を観てみたいと思いました。

前作予告

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする