ポリス・ストーリー リボーン 感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ポリスストーリー リボーン

2018
中国・香港

ジャッキー・チェン

もうアクションはやめると言っていたジャッキーが、あのポリス・ストーリーで帰ってくると聞いたら観ないといけません。

僕に映画の楽しさを教えてくれたのがジャッキー作品ですからね。

あまり期待せずというか、何も考えずに観るのがジャッキー映画を楽しむスタイルです。

笑いを狙ったシーンは普通に観たら面白くないかもしれませんが、僕ら世代には「ジャッキー映画はこんな雰囲気だった」と懐かしくてニヤッとしてしまうのではないでしょうか。

アクションは全盛期の頃にはかないませんが、それでもこの歳でこれぐらい動けるのはジャッキー以外に思い当たりません。

観ているうちに「ポリス・ストーリー」であることを忘れてしまい、ミッションインポッシブルをやりたかったのかな?と思う内容でした。

何がそうさせてるのかというと、ふた昔前のハイテク機器が原因かもしれません。

ジャッキー映画にハイテクはいらないと個人的に思っているので、その辺はちょっと中途半端で残念でした。

エンドロールはおなじみのNG集です。

BGMがあのテーマ曲だったので、ポリスストーリーだということを思い出しました。

エンドロールでジャッキーが言った言葉に期待したいです。

スクリーンでジャッキーが観れただけで幸せで、なんかホッとしました。

お帰りなさい。

ありがとう!

スポンサーリンク