TENET もう1回観た方がいい

映画

待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督の新作TENETを観てきました。
難解なストーリーだと聞いてた通りだったので、これから観る方は予習しておいた方がいいです。

基本情報はこちらのサイトがとてもわかりやすく書いてくれています。

映画『TENET テネット』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ
「インターステラー」「ダンケルク」など様々な作品で評価されてきた、クリストファー・ノーラン監督による最新作。死を恐れなかった男が組織に見出され、世界大戦を阻止するため暗躍することになるストーリー。

難解だと言われる原因は、時間の巡航と逆行が入り混じった非現実な状態を、脳が理解できないからでは無いでしょうか。
それさえ感覚的に理解できれば、ストーリーの複雑さはある程度解消される気がします。
実際にストーリーの半分以上をかけて、やっと巡航と逆行の世界をなんとなく理解してきました。
そして慣れた頃にラストミッションという感じでした。

映像は巡行側と逆行側が入れ替わったりするので、ラストミッションまでになんとなくでもこの感覚を掴めないと、なぜ後ろ向きで走ってかがわからない状態になります。
「あの人は逆行してるんだな」ぐらいわかれば、映像部分でも楽しめると思います。

ある意味、後半は舞台裏を覗くような、「カメラを止めるな」の後半部分を観ている時の感覚と似たような感じがしました。
この不思議な世界に、どれだけ脳がついていけるかがこの作品を楽しめるかどうかがかかっています。

考えるな、感じろ。
です。

1回だけではわからないとも言われてますが、正にその通りですし、予備知識なしでは脳がついていかず眠くなる作品です。
もっと理解できたらきっと面白いと思うので、僕はもう一度観に行ってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました