あなたを天才にするスマートノート ノートの新しい使い方

あなたを天才にするスマートノート
スポンサーリンク

あなたを天才にするスマートノート

ずっと思考を深めたいと思いながら、進歩してる実感がありません。

これまで読んだ本で「手書きする」ということはわかっていましたが、実際に書いてみても、そこからどう考えていいのかわかりませんでした。

わからないままにしていたのですが、Kindle本を探していて出会った1冊の本があります。

あなたを天才にするスマートノート

今回読んだノート術は、今までに聞いたことがないやり方でした。

初めて知ったことは大きくは2つあります。

  • 見開きで右ページから使う
  • フェーズごとに書き方を変える

見開きで右ページから使う

今までにあったノート術では、見開きで使うやり方は聞いたことがありました。

その際は何の疑いもなく、左ページから書いていきます。

学校の授業中でも表紙をめくり、1ページずつ順番に書いていきましたよね。

僕たちは、これがノートの使い方の常識だと信じています。

ですがこのスマートノートのやり方では、見開きの右ページから書いていきます。

しかも左ページは書かなくても良い場合もあります。

当たり前だと信じていたノートの使い方の常識が覆されました。

なぜ右ページから使うかというと、ヒントは左ページが気になってくるという心理にありました。

詳しくは本を読んでみてください。

フェーズごとに書き方を変える

スマートノートの書き方は、第1~7フェーズまであります。

これだけ書けるようになったら次のフェーズへ。

という感じでステップアップしていきます。

時間はかかりそうですが、続けていれば進めていけそうですし、思考が深まっていくことがイメージができました。

やってみた

僕は思考を深めたかったり、脳をうまく使えるようになりたくてノート術や手書きを「試しては諦める」を繰り返してきました。

今まで試したノート術やメモの中では、今回が続けるハードルが一番低く感じました。

新しいノートと青いボールペン(青で書くのが脳に良いと何かで見た)を買い、さっそく書き始めました。

始めたばかりの今は、まずは第1・2フェーズのクリアを目指します。

簡単に書けそうですが、意外と普段から意識してないと書けません。

そんなものです。

新しいことを始めるって、とても新鮮な気持ちでワクワクしますね!

今までの思考を簡単に変えれると思ってないので、リハビリのつもりで長期戦を覚悟して、思考が良くなることを期待します。

読んだ本の感想を書きました。 文章を書くのは苦手ですが、アウトプットの練習として。

コメント

タイトルとURLをコピーしました