データを基に世界を正しく見る習慣

日記
スポンサーリンク

データを基に世界を正しく見る習慣

「自分の理解が及ばない範囲がある」
「時間が経てばたつほど、データが集まるほど加速度的に精度の高い結果が出ていくわけです。」

昨日読んだメルマガの言葉です。
共感したので、自分の考えをサクッと書きます。

最近流行りの病気だったり、巨大地震、火山の大噴火、戦争など、歴史に残る出来事が立て続けに起こっています。
火山噴火のことは忘れてる人が多いんじゃないでしょうか?

その度に陰謀論を広げる人がネット上に現れます。
最初は僕もそこそこ信じた方ですが、最近は「そんなことを考えてる人がいるんだ」と思うだけです。否定も肯定もしなくなりました。

今流行りの病気が広がる少し前に読んだ、ファクトフルネスという本を思い出しました。

ファクトフルネス FACTFULNESS 感想
ハンス・ロスリング 「あなたの常識は20年前で止まっている」というコピーに興味を持ち、「世界を正しく見る習慣」というサブタイトルに惹かれページを開きました。

ファクトフルネスの紹介文にこう書かれてます。

データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。

メルマガではデータが集まって精度が高くなっていくと書かれてました。
データは事実ですから、それを正確に理解する必要があります。

テレビの情報では全く足りてないですし、ネットでの情報はノイズがとても多いです。
面白かったり刺激的なものを信じたくなるので、ちゃんとした情報を僕自身も拾えている自信がありません。

自分は大丈夫と信じている人ほど、ファクトフルネスを読んだ方がいいです。

そんな本なんかで…
と思った方、そういう人ほどデータを読み解けてない可能性があります。
本の最初の20の質問だけでも答えてみてください。

ポジティブ日記

その日あった良かったことを3つ書く
  • メルマガにとても共感した。
  • 読書が進んだ。
  • 体重が落ちている

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました