「こんな時もある」と気持ちを切り替える

トレーニング記録

「こんな時もある」と気持ちを切り替える

先週は1回しか行けなかったので、今回は1週間ぶりのトレーニングになります。
その間にストレッチぐらいしておけば良かったと思いながら、ジムに向かいました。

前回はこちら

このプログラムは先々週ぶりになります。
この時に回数を更新したベンチプレスは、間が空いてしまったので同じ回数上がることは期待せずに行ってきました。

プログラム

シーテッドロウ
シーテッドロウ セット間の休憩中
 種目負荷セット×レップ
1デッドリフト80kg3×5
2リバースランジ42.5kg3×5
3バーベルベンチプレス57.5kg3×5
4シーテッドロウ45.4kg3×8
5Aリバースクランチ5kg3×10
5Bレッグロールボディウエイト3×10

デッドリフト

何度もやってるので、この重さにはずいぶん慣れました。
ですがいまいち決まら図、フォームが迷子でした。
と思ったタイミングで修正していただきました。
やっぱり見てもらうと違いますね。
自分で気づかないところを修正してもらえます。

リバースランジ

前回指導していただいた、「疲れてきた時のフォームの乱れ」を意識しました。
3set目でも前回ほど疲れはなく、安定してできたと思います。
ですが、今回は前回よりフラついたと思います。
熱中症と気づかずにトレーニングしたあの時と、ちょっと感覚が似ています。
そして次の種目でハッキリしました。

ベンチプレス

重量がアップした前々回は、3set目は3回でした。
前回は4回とこのまま5回もクリアできるのでは…?と思った今回。

2set目 4回
3set目 2回

かなーーーーーーり調子が悪かったです。
リバースランジで感じた熱中症の時と似た感覚。
3set目クリアまであと一歩までいったのに、ここまでできなくなるのは調子が悪いとしか言えません。

こんな時もあるので、気持ちを切り替えて次回に挑みます。

シーテッドロウ

重量アップしてから2回目の前回は、3set目はフォームを乱しながらですが引き切りました。
そして調子が悪いとわかったので、クリアは気にせずフォームをしっかり意識しました。

フォームを乱すことなく引き切ったのですが、調子悪かったのでは…?

体幹2種連続

5kgのプレートを持ってリバースクランチの後は、できればやりたくないレッグロールです。
↑これを言うとトレーナーが喜びそうです。笑

3set目で肩が浮き始めたのを見逃さずに、トレーナーの指導が入りました。
そして3set目まで来ると、ピンと伸ばして真上に上げてるだけでも辛い足。
トレーニングしてたら、いつか1度は言われるトレーナーのこの一言。

あとは気持ちです

「は、はい!」

と辛くて言えませんでしたが、そんな気持ちでやり切りました。

全て終わり、1週間ぶりに味わった達成感。
この感覚を久しぶりに味わいました。

帰りに聞かれたテニス肘の痛み。トレーニング中はほとんど気になりませんでした。
ジムではこうなる動きはしないので、やっぱり無理な負荷がかかったのでしょう。
普段気をつけてれば大丈夫と思ったのですが、サポーターはあったほうが良さそうです。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました