Runtasticの代わりにStravaを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Apple Watch

Apple WatchのOSをアップデートしたらこんなことを言われました。

続けるために頑張らないようにしていますが、少しぐらいは頑張らないといけませんね。

RuntasticをApple Watch単体で使いたかったのですがバグで使えないので、先日教えて頂いたアプリStravaを使って走ってきました。

strava

アプリからだと経路ぐらいしか見れないのですが、パソコンの画面からだといろんなデータが見れます。

心拍数とペースがグラフで見れます。

グラフの上に矢印を持っていくと、マップのどの位置の時にこのデータなのかがわかります。

文字で書くと説明しにくいです。

Runtasticでも同じように見ることができます。

ワークアウト

iOS標準のアプリ「アクティビティ」にもデータが反映されます。

心拍数のデータが表示されていないのは、データが少ないかららしいです。

もっと長時間走ると出てくると思います。

上のグラフでも安定しすぎなので、今回の心拍数はちょっと信用できません。

Runtasticとほぼ同じデータが見れるので、runtasticが復活するまではこのアプリを使ってみようと思います。

教えていただきありがとうございました!

体重

70kg切った時もあったのに、今ではこのあたりで安定してしまったようです…

あの頃に戻りたい。

ゆっくり走っているのですが、随分慣れてきました。

ウォーキングからジョギングへの移行は間違いないです。

次からは徐々に距離を伸ばしていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする