頭がいい人の読書術 – 読書が好きになった

頭がいい人の読書術

読書が好きになった

読むのが遅い

読書を好きになれなかった僕が、初めて読書が楽しいと思うことができました。

好きになれない原因の一つは、読むスピードが遅すぎて、いつまで経っても先に進んでる感じがしないからだと気づきました。

僕以外にもこんな人いますよね?

読書が苦手な人、僕のように読むのが遅い人でも、この本に書かれている読み方で理解度を落とさずに早く読めるようになったので、読書が楽しくなりました。

僕がやってみて、速く読めるようになったこと3つを書きます。

まずは今まで聞いたことのある読み方をしてみました。

今まで聞いたことのある読み方

今まで聞いたことある速く読むコツは、

  • 目次を読んで全体像を知る。
  • 目的を持って読む。
  • 興味のあるところから読む。

などがあったので、目次から気になるところを先に読んでみました。

僕が最初に気になったのは、

第2章「本は全部読まなくても構わないでした。

読書なのに「読まなくても構わない」ってどゆこと?って感じですよね。

この第2章を読んだ後に第1章に戻って読みました。

新しく知った読み方

全部読まなくても構わない

頭の中で音読してはいけない

頭の中で音声化してしまうと、読むスピードは確実に落ちます。

僕は真逆をやってましたが、ちゃんと読もうと思うと自然と頭の中で音読してますよね。

速く読めない人は、ほとんどこんな人ではないでしょうか?

僕もそうでした。

これを止めることで、速く読めるようになります。

最初は頭が追いつかない感じがしましたが、目で追うスピードをコントロールして集中すれば慣れてきました。

それよりも速く読める方法が次でした。

1/3だけ読んで理解する技術

大幅に読む速度が上がったのは、この読み方のおかげでした。

どんな方法かというと、そのまま「1/3だけ読む」だけです。

これがかなり効果的でした。

練習ページがあるので、読むだけですぐに効果を感じれると思います。

詳しくは本を買って読んでください。笑

わからない表現や言葉はどんどん飛ばす

いちいち引っかかってたら、テンポよく読めてたのに進まなくなります。

引っかかった言葉は気になりますが、飛ばしても書かれているとおり大体の内容は分かることを知りました。

止まってしまったらその分時間がかかりますもんね。

読むのが遅い人におすすめ

まとめると

  • 頭の中で音読してはいけない
  • 1/3だけ読んで理解する技術
  • わからない表現や言葉はどんどん飛ばす

僕にはこの3つだけで今までの5倍ぐらい速く読めました。

他にも僕がやってないことがいろいろあったので、それらをやればもっと速く読めるはずです。

読書を楽しくしてくれてたくさん読めるようになると人生変わりそうです。

僕のように読みたいけど遅い、という人にぜひこの本の読み方で読んでみてください。

文字を追う作業から、テンポよく楽しんで読めるようになりますよ。

もっと早く買えばよかった…。

尾藤さん、こんな方法を教えていただきありがとうございました。

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

この記事を書いた人
みっち

毎日更新!運動の記録、学んだことや感じたこと、その他なんでもアウトプット。
更新のためにネタ探しアンテナ張り中。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました