良い拷問マシン導入

トレーニングマシントレーニング記録

良い拷問マシン導入

ジムのインスタグラムでは見ましたが、新しいマシンが導入されたそうです。

フリーウエイトが中心のジムなので、マシンが入るとものすごく存在感があります。

そのマシンがこちら。

ちょっとした拷問マシンに見えます。

ケーブルがついたアームの角度を変えて引っ張ることで、いろんな部位に対応したトレーニングができるマシンということは想像できます。

もちろん負荷は変えれるでしょう。

基本的なトレーニング(?)でヒーヒー言ってる僕が使う機会は無いと思うので、詳しいことは聞きませんでした。

辛いことをやるのは変わらないと思うので、良い拷問マシンということになりますね。

機会があれば体験はしてみたいかも。

今日のトレーニングはこんな感じでした。

トレーニングプログラム

 種目負荷セット×レップ
1バックスクワット55kg3×8
2ルーマニアンデッドリフト55kg3×8
3バーベルベンチプレス40kg3×8
4インバーテッドロウボディウエイト3×10
5Aプランクウォークボディウエイト2×10
5Bツイスティングクランチボディウエイト2×10

このダンベルの横が僕の定位置になりつつありますが、ダンベルは使いません笑

スクワット、デッドリフト、ベンチプレスは無難にこなしました。

負荷はコロナ前より軽いので、もちろんフォーム重視で確実に狙った箇所に負荷をかけます。

ベンチプレス後はプレートを外して、インバーテッドロウです。

これがいつまで経っても苦手な理由は、筋肉がついたとしても体重が増えたら効果を実感しにくいので、進歩を感じにくいので良くわからない。→苦手なまま。

だったら体重を減らせばいいということはわかっています。

最後の2種目の体幹トレーニングはサイドプランクに比べたら余裕があります。

ただ、ツイスティングクランチはできてると思うのですが、もっとフォームを細かく修正したいので、次回やる時はちょっと修正してもらおうかな。

今回も充実したトレーニングで、満足できました。

Apple Watch アクティビティ

ランキングに登録してみました。
↓ポチッとしてもらえると喜びます。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 

この記事を書いた人
みっち

毎日更新!運動の記録、学んだことや感じたこと、その他なんでもアウトプット。
更新のためにネタ探しアンテナ張り中。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました